記入式ダイエット外来の減量ノート [ 今西康次 ]
記入式ダイエット外来の減量ノート [ 今西康次 ]
2013年3月5日 初版第一刷発行

半年ほど前、古本屋で購入。
「私のやせないといけないレベルは、美容レベルではなく、病院レベルなんだ」と自覚し(笑)、買ってみました。 


表紙にも書かれていますが、方法は「糖質制限」。
まず、最初の2週間は、主食のご飯やパン、麺類を全て抜き、糖質を含む間食も食べません。 
そうすることで、”糖質中毒”の状態から脱却をはかります。

”糖質中毒”かのチェックポイントは、
  • いつも食べることばかり考えてしまう
  • 満腹感が得られず、食後2〜3時間で空腹になる
  • 常に疲労感があり、気力や体力がない
などが挙げられていました。

うーん、今、家にいることが多いので、確かに食べることばかり考えてしまう。
普段食べていたおかしの量から考えても、”糖質中毒”になってるだろうなと思いました。

最初の2週間が一番辛いのですが、これを過ぎると、それほど甘い物を食べたいと思わなくなり、体脂肪を燃焼しやすい体になっているそうです。
そして3週目からは、一日一食は、主食を食べることが許されます。
そして、食事直後の甘いおやつも解禁になります。
これを続けていくと、次第に体重が落ちてくるというしくみ。
記入式なので、毎日の体重などを書く表やグラフがついています。
24週目まであるので、半年足らずですね。

私自身、以前、筋トレと食事内容・体重の記録で5kgやせたことがあり、日に日に減っていく体重をグラフで見ることはとても励みになったので、この本にも書き込んでモチベーションを高めたいと思っています。


そして、7月9日までに結果を出したい!
この本では、ウォーキングでは大した効果はないので、ジョギングやダンベル、モムチャンなどを勧めています。
ちょうど、モムチャンのDVDがあるので、それと組み合わせてやっていこうと思います。

読了しましたが、記入式になっているので、この本はもうしばらく持っておきます。