本棚の整理

40代女の雑多な感想ブログ→途中から本棚の整理ブログ(読んだ本の感想を書いて本は手放す)に変更

純愛カウンセリング
岡村 靖幸
ぴあ
2004-10
 



デビュー当時から、靖幸ちゃんのファンだった私。
ファーストアルバムの「yellow」は今聴いても、ワクワク感があります。
でも、「Me-imi」から、ちょっと違う方向に行ったかな?と思い始め、 あまり活動も追わなくなりました。ツアーも4カ所ぐらいしか回らないので、ライブにも参加しにくくなったりで。

その「Me-imi」の頃に、出ていた本でした。
数年前、古本屋で見つけて購入。
ぱらぱらと読んでそれっきりだったので、今回通して読了しました。

岡村さんが、様々な方と、純愛について対談する形式。
お相手はバラエティに富んでいて、田原総一朗さん、折原みとさん、名越康文さんなど8組いらっしゃいます。


読み進めやすいな、と思うぐらいにはおもしろかったです。
でも、私が「純愛とはどういうものか?」ということに興味がなかったので、そこまで興味を持てる内容ではなかったです。
「恋愛において、女性はこう、男性はこう」みたいな話も、もうすっかりそういう事柄と縁遠くなってしまったからか、私にはどうでもよく思えてしまいました。

そんな私が一番興味をひかれた箇所は、精神科医・カウンセラーの名越康文さんが、岡村さんの音楽を聴いて、歌詞を読んで、分析したことについて語っているところでした。
岡村さんを「チャレンジする人」だと感じたそう。
名越さん自身、ソウルミュージックがとても好きで、かつてミュージシャンを目指していたこともあったという経験の上で、以下のようなことを語っておられました。

日本人がソウルミュージックをやろうとすると、どうしても「圧倒的な黒人パワー」を感じさせられてしまう。そして、日本人的器用さでアプローチ、すなわち「逃げ」るけど岡村さんの音楽は、歌に入る前の前奏を聴いただけで、「正面突破しようとしてる!」と感じた、のだそうです。

私には、そんな難しいことは感じられなかったけど、岡村さんの曲は、何度か聴いてだんだん好きになる、というものではなく、1度聴いただけで「ドーン!」と好きになってしまう曲が多いような気がします。「あ、これ好き!」って。
そういう曲が多かったから、新譜が心底楽しみでした。
最近の楽曲は、また私の好きな傾向に戻ってきている感じがします。


あれ、本の感想はあんまり書けなかったな。 

箱の中 (講談社文庫)
木原 音瀬
講談社
2012-09-14
2013-05-15 第5刷発行


手持ちの本を消化していってる最中ですが、家族につきあった古本屋で、前から気になっていた本を見つけたので、買ってしまいました。

でもこれは買って正解。
面白くて、続きが気になって、すぐに読み終えました。
その後なぜかパソコンに向かうモチベーションが上がらず、読み終えてから3週間ぐらい経ってしまっていますが、本をぱらぱら見て、思い出しながら感想を書きたいと思います。

痴漢の冤罪で刑務所に入った堂野が、そこで特殊な生い立ちの喜多川と出会い、物語は進んでいきます。

※ネタばれありの感想です。

まず、痴漢の冤罪とは、本当に恐ろしい状況に陥ってしまうんだということを改めて感じました。
そこで堂野にぐっと感情移入するわけです。
刑務所の中でも人に裏切られ、誰も信用できない。そんな中、一風変わってはいるけれど、喜多川の優しさに救われます。
喜多川の優しさは、ただただ堂野に褒められたい、という子どものような気持ちから来ているのですが、いかんせん生い立ちが生い立ちだけに、常識で考えられる行動とは少し違っていて、純粋か狂気かぎりぎりのところを進んでいます。それが、読者の興味をそそるのだと思いますが、人前でレイプした時点で、私は完全にアウトだと思いました。性的なことにしても、そうでないことにしても、本気で「やめてくれ」と言うことを聞き入れてくれない相手を、私はきっと許せないだろうな。
とは言え、この物語の魅力も、やっぱり喜多川の純粋さにあると思います。
堂野に関すること以外には欲がないところとか、時々見せる神様の存在を信じているような発言とか。
淡々として、純粋で、健気で。

最後、堂野の妻、麻理子があまりにもひどい女として書かれていたのには、ちょっと驚きました。
夫の友人が家に遊びに来ても、快くご飯を出していた人が、こんな性格悪い?
冤罪とはいえ、服役していた人と結婚するような人が、日常が単調だから、という理由で浮気をする?
と、ちょっと納得しがたいと感じました。現実の世界はそういうこともあるんでしょうけど。

堂野の身に起こったことが壮絶すぎて、これはハッピーエンドなのかも疑問です。
私なら、投げやりになってしまいそうな状況。
受け入れがたい部分もあるので何度も読み返したい部類ではないですが、「次どうなるの?」「堂野はどうするの?」と、一気に読んでしまう作品でした。
おすすめ。
誰に?あ、BL大丈夫な人に。

モムチャンダイエットプレミアム [ チョン・ダヨン ]
モムチャンダイエットプレミアム [ チョン・ダヨン ]
2010年6月20日 初版第1刷発行
2011年1月10日 第12刷 

この度、ダイエットに真剣に取り組もうと再読しました。
これは数年前、古本屋で購入。
筋トレを中心にしているところがいいなと思い、DVDも買っていましたが、途中で脱落。多分、忙しかったのかな。

こちらの本「ダイエット外来の減量ノート」今西康次 では、モムチャンダイエット、ダンベル、ジョギングを推奨されていたので、私は糖質制限+モムチャンでいこうと思います。

ただし、「モムチャンダイエットプレミアム」でチョンダヨンさんは、
「今、流行りのローカーボ(低炭水化物)ダイエット。つづけてしまうと、むしろ、太りやすいカラダに!」と題して、糖質制限には反対しておられました。
まぁ、私のやろうとしていることは、2週間主食を抜いた後は、ほどほどには食べるつもりだし、主食を抜いている今でも、天ぷらなんかも食べたりしていて、完全に炭水化物オフにはなっていないので、私はこのまま続けるつもりです。


著者は、70kgあった体重を50kg前後まで落としました。
ダンスの要素もなく、それほどスピードも速くないので、誰にでも取り組みやすいエクササイズだと思います。


このページのトップヘ